ホーム 環境目次

東金市油井の谷津田にビオトープの建設

平成16年1月にスタートした東金市環境保全課、ときがねウォッチング、九十九里ISOネットワークが一体となって東金市の里山作りとビオトープの建設の様子です。下から順を追って建設の様子をご覧ください。

12月1日 今年最後のビオトープ草刈です。クヌギ、コナラも成長し紅葉しました。

7月14日 油井ビオトープ草刈 水神社まで刈り込み、近くの水田の田の草取り、ミツバチが活発に活動、この翌日、ぶんぽうし、もうひとつの巣にもはいりました。

   

2012年5月4日、谷津田の耕作放棄地 斉藤さんのたんぼをお借りして、福井産コシヒカリの苗を植えました。まずたんぼの草取り2時間、田植えが1時間、12時に終了です。このメンバーで米作りは始めての挑戦です。フジの花が咲き始め日本ミツバチも巣にはいってくれました。

 

2012年3月24日 寒かった冬、そして早春、やっと春めいてきた一日、あしたの森の間伐作業を行いました。

2011年5月7日 草刈り作業、すっかり里山として草木も馴染んできました。地主の増田さんが作ってくれたタケノコご飯とフキ煮をおいしくごちそうになりました。

2011年2月5日 ビオトープ池作り作業です。日本ミツバチの巣も仕掛けました。モズがカエルを小枝にひっかけてエサとして保存してありました。

 

2010年11月27日 この年最後の草刈、長谷川さんが昨年より参加で水路がよく整備され多彩な生物の棲家となりました。

2010年9月18日(土)

残暑厳しいなか、増田記念ビオトープ草刈を行いました。周辺の谷津田も耕作放棄地となり荒れています。

2010年7月31日(土)

猛暑、あしたの森の下草刈りと枝打ち、作業後流しそうめんをたっぷりいただきました・

2010年7月17日(土)

猛暑の中 草刈と、鉄パイプによる日よけ作成、日本ミツバチの巣は逃亡直後、たっぷりのミツをいただきました。 約100gのビンに20個近く採れたのです。ミツバチたちありがとう。

 

 

 

2010年6月16日(水)

猪坂さんから油井のビオトープでホタルが飛んだ!の知らせを受け、早速現地に行ってみました。地主の増田さんらも来ていて、ちょうど花菖蒲も満開、日没のPM7:45からPM8:30まで約30匹の源氏と平家のホタルが観測できました。水路を整備し、カワニナを放ち、ホタルの幼虫も放って、約4年の歳月を要しての快挙です。残念ながらホタルの明かりはカメラには写りませんでした。日本ミツバチも元気です。

 

 

2010年5月26日(土)

あしたの森整備。主に草刈、猪坂さんから地生の「鳴子ユリ」の名前のいわれの説明がありました。日本ミツバチの巣にミツバチがはいらないので、奥まった木陰に移動してみました。

2010年5月8日(土)

油井のビオトープの草刈り作業。周辺の水路、農道の草刈も合わせて行いました。池や水路にもち米の苗も植え、となりの荒れたたんぼに古代米の種をばらまきました。猪坂さんの手のひらに乗った可憐な白い花びらの「如意すみれ」の花です。

2010年3月13日 春のあたたかな陽気、あしたの森の整備、ここにも日本ミツバチの巣を仕掛けました。

09年11月28日晩秋のビオトープの手入れ、荒れた耕作放置田を開墾、耕してチリメン菜の種をまきました。来春菜の花畑となって、ニホンミツバチが蜜を集めてくれるといいのですが・・・・右は絶滅種と言われる日本アカガエルです。

昼時には、東金市滝沢の宮澤さんの山に集まり、バーベキューをしてワイワイ楽しく過ごし、ユズを収穫しました。後日(12月6日)村の市場東金店で販売予定。もちろんときがねウォッチングの活動資金です。

09年7月18日 ビオトープの草刈りです。小平さんも仲間入り。焼きそば大会です。日本ミツバチも2つの巣にたっぷりミツを貯めてくれました。一部をそっといただきました。ありがとう。

 

09年5月31日 あしたの森の下草刈、そしてコナラ5本 クスノキ1本植樹、そのあとビオトープで日本ミツバチの巣からハチミツを採取しました。

09年5月23日 油井のビオトープに もち米の苗を植えました。

09年3月29日(日)油井のビオトープで春の野草を食する会を行いました。クヌギ2本 コナラ2本植樹しました。

バーベキュー、天ぷらなど 春の香りがいっぱい、水辺ではトウキョウサンショウウオの稚魚、タニシ、トンボのヤゴ、おたまじゃくしなど観察できました。ちょっと肌寒い陽気でしたが おなかいっぱい、楽しい一日でした。約30名参加。

09年3月7日(日)あしたの森の整備を行いました。アラカシ1本、ヤマボウシ2本の苗木を植樹、落ち葉の腐った中から カブト虫の幼虫がゴロゴロ出てきました。やがて成虫になるのが楽しみです。 

08年8月9日(土) あしたの森草刈り、猛暑でしたが 25名ほど集合、無事下草刈りを終え みんなで流しそうめんを腹一杯食べて楽しく過ごしました。

08年6月1日 あしたの森 下草刈りを行いました。新緑の木々がまぶしい。5年目を迎え里山作りは確実に成長を遂げています。5月10日には 増田記念ビオトープに蓮も植えました。来年咲いてくれるのを楽しみに!

08年3月8日 あしたの森植樹(昨年10月の植木屋さんの誤って刈り込んだ償いで30本近く里山の雑木の苗木です)と日本ミツバチの巣を仕掛けました。

08年2月16日 油井のビオトープの手入れをしました。湧き水の水路の掘削をおこないました。

2007年10月13日 ときがね湖わき「あしたの森」誤って造園士の方が植木を刈り込むように雑木を刈ってしまいましたが・・・これも木の基本形を作ってこれからの成長を待つと捉え、100年後の豊かな里山を目指します。宮沢さん寄贈の杉の間伐材を使って、プランターを造ったり、木道の案内木として埋め込みました。

19年9月22日10数名でビオトープ草刈り、お彼岸というのに30℃の暑い日でした。周囲の谷津田のほとんどが高齢者のため今年から稲作をやめてしまい草ぼうぼうになってしまいました。

 

19年7月 あしたの森に宮沢さん寄贈の山武杉の間伐材を使って刈った草を積む堆肥小屋を作りました。

19年7月16日 海の日、台風4号の去ったあと、油井のビオトープ草刈りです。11名と参加者は少なかったけれど、半夏生の花が笑顔で挨拶してくれました。

 

19年2月10日 ビオトープの水路の整備、草刈等を行いました。水路からオタマジャクシ、カエルも飛び出し、オニヤンマのヤゴも見つかりました。自然が生きています。

このビオトープ 地主の増田さんの協力を得ているので「増田記念ビオトープ」と名づけました。

 

18年10月14日(土)20名で今年最後のあしたの森の下草刈を行いました。木々は確実に成長しています。

平成18年6月3日油井のビオトープの草刈りを行いました。

18年3月18日(土)あしたの森に植樹作業と散歩道作りをしました。あたたかな里山日和でした。猪坂さんが移植した二輪草のつぼみが春を告げています。17名の参加でした。

17年11月23日 光町越川さん寄贈の杉の間伐材を使って、みんなの休み所を作りました。

油井のビオトープ今年最後の作業です。

17年8月6日(土)猛暑の中、ときがね湖わきの「あしたの森」の草刈、参加者25名作業終了後、流しそうめんで楽しい野外食をとりました。近くに鬼やんまが飛び、山百合の花が咲いていました。

17年7月18日(月)海の日、猛暑の中、葦の原の草刈りを実施しました。野うさぎの赤ちゃんが飛び出して我々に挨拶に来ました。光町椎名正夫氏寄贈、株分けした2回目の花菖蒲150株も植え込みました。来年全株花開きますように。

17年4月29日(金)みどりの日、夏を思わせる好天、木道作りとビオトープの手入れを行いました。

17年2月11日 間伐材を使い、ビオトープを散策できるよう木道を作りました。メンバーのさわやかな笑顔をご覧下さい。

16年10月28日(木)晩秋、ビオトープに水がたまるよう池掘り作業行いました。

平成16年9月23日(木)秋の草刈り実施、花菖蒲も雑草に負けず元気に根付きました。

 

16年7月10日(土)ビオトープに光町 椎名正夫氏寄贈の花菖蒲100株を植え込みました。葦を刈り込むとそこに現れたのはナント! 半夏生(はんげしょう)の群落・・・です。ここにも猪坂さんの野草に対する思い入れが生きていました。

 

 

3月6日(土)ときがね湖わき「あしたの森」里山作り建設に向け40名参加しました。

 

             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月28日(土)第2回工事を行いました。今回も穏やかでよい日でした。約20名の参加でした。

平成16年 1月24日(土)東金市環境保全課、ときがねウォッチングの皆様らと葦がはえた休耕田を堀りビオトープ建設の第1歩を開始しました。山際を掘り進むと水の湧き出る場所に出会いました。感動です。水が湧き出る場所とビオトープ全景です。

11月3日 あしたの森の下草刈り。木々は10mくらいの高さまで成長しました。クヌギの木を切り、来春シイタケ菌を植える予定です。